header title02
header img02

【第1期】調査・活動

横浜版事業仕分けの実施

2009年06月30日

【横浜版事業仕分けの実施】

「何故1番を目指すの?2番じゃダメなの?」のセリフで一躍有名になった事業仕分けですが、元々は自民党の行政改革推進本部に端を発した行政改革の一手法でした。
そして、自民党も”無駄撲滅プロジェクト”を野党に下野した時も行なっていました。国の事務事業を見直す際に、民間の有識者や関係者に意見を聞きながら進めるのは自民党の得意分野です。国の予算と横浜市の予算では0ひとつ桁が異なりますが、一つ一つの事業を目的・事業効果・費用対効果の視点で見直すことは横浜市にとっても極めて重要です。よこはま自民党も議員団で事業仕分けをすべきと決断し、佐藤茂団長を座長として「横浜版無駄撲滅プロジェクト」を立ち上げました。事業仕分けに対しては2番じゃダメのセリフの影響で冷たい評価が会派内にあった為に、自民党会派内の説得が一番苦労しました。
事業仕分けの対象となったのは、昨年度に「横浜みどり税」を制定したこともあり、緑化政策を所管する環境創造局の事業を対象にしぼり、メディア・市民の皆様にフルオープンで行い、しかもインターネットを用いて生中継も行いました。
各々の事業を見直す一定の効果はありましたが、他会派を含め事業評価シートを用いて事務事業をチェックする文化が議員間に醸成された事が大きい結果と感じます。また、翌年は横浜市役所内に行政改革推進室を立上げ、行政マンが自ら行革に取り組み、事業仕分けを行うまで意識改革が進んだ事が何よりの成果です。

img photo 01
横浜市会議員 青葉区
丘の横浜の代弁者として活動しています。日本一の基礎自治体の横浜を舞台に、住民自治の強化と若い世代の20年後を見据えた活動をしています。

議会中継録画

banner facebook

banner ldp

banner twitter

山下正人事務所
〒225-0002
横浜市青葉区美しが丘5-1-5第3吉春ビル210
TEL. 045-905-5006FAX. 045-905-5009
button mail
button contribution
button office
Yamashita Masato