header title02
header img02

【第3期】調査・活動

ゴミ屋敷問題を考える

2016年09月03日
メイン画像

炎天下の8月、横浜市内某所のいわゆる「ゴミ屋敷」を視察しました。

今定例会でゴミ屋敷問題を解決すべく条例案が提案されています。ゴミ屋敷問題は収集癖のある住民が占有地にゴミ(本人は財産と主張する場合が多い)を堆積させ、環境面の問題から周辺住民が役所に対応を依頼するという構図が一般的と言えます。ゴミ問題を所管する委員会に所属してますので現状を確認すべく関係局職員に案内を依頼し現地訪問しました。

該当の物件は住宅街の戸建て住宅です。敷地はゴミ袋が積み上げられ、建物1階のひさしまで溢れかえり玄関は完全封鎖状態です。おそらく、ゴミ山を登り2階から出入りしているのではないかと想定される。近隣からは10年に渡って役所に相談をされていた様ですが、実効性のある手段が取れず行政に対する不信すらある状況と聞きます。今回の条例施行による解決が急がれる状況と判断します。

横浜に限らずゴミ屋敷問題は全国的に発生しています。ある自治体では福祉的解決に重きを置き、遅々として処理が進まないところがあります。一方で、強制的な排除をしても再度、元に戻ることを繰り返す事例もある様です。

横浜市では福祉局を中心に福祉的アプローチを強化する一方で、近隣の環境改善に”行政代執行”を可能にする条例になる様に議論を進めています。今回の条例を心待ちにしている住民は多数います。福祉的アプローチはもちろん重要ですが、福祉的配慮に偏るあまり時間だけが経過することがない様に所管局には意見をしています。特に、役所は”代執行”という強権を発動することを回避する傾向があります。ここに至るまでに、役所をたらい回しされた陳情者の思いを実現するのは行政の責務と考えます。

img photo 01
横浜市会議員 青葉区
丘の横浜の代弁者として活動しています。日本一の基礎自治体の横浜を舞台に、住民自治の強化と若い世代の20年後を見据えた活動をしています。

議会中継録画

banner facebook

banner ldp

banner twitter

山下正人事務所
〒225-0002
横浜市青葉区美しが丘5-1-5第3吉春ビル210
TEL. 045-905-5006FAX. 045-905-5009
button mail
button contribution
button office
Yamashita Masato